骨董品ぽく作ってますわ

本物と偽物の違いを見抜く目が必要

共箱などの箱は、焼き物などの骨董品の製造時代の資料にも成り代わり、特に年銘のある箱は貴重だと言われています。買取では、査定員の目利きからでも、大体の年代を判定できます。茶陶磁器作品、これに関しては、付属物を含めたセットで査定してもらいましょう。名器ならば、箱の味わいも価値を決めるポイントで、中には、作品本体より箱の方が古いこともあるようです。骨董品といえば、本物か偽物か、素人目には到底分からない問題です。もちろん、骨董品を鑑賞するコレクターにも目利きに優れた方もいるでしょう。そのキッカケが、偽物を見抜けずに高い買い物をしたこと、こうしたキッカケが多いようです。鑑定士として、または、美術商や文化財に携わった経験者が査定するなら、信頼もできそうです。偽物・贋作を見抜けないのは、古陶磁器の分野に多いように謳われています。優れた焼き物に習って、技術を模して後代に製造された倣製が出回ってしまっているので、買取などの取引には十分注意が必要です。