骨董品ぽく作ってますわ

業者や鑑定士によってパイプが異なる

販売のビジネスを行うとき、安く仕入れて高く売ればその差額が利益になります。大きく利幅を取って少ない数でも儲けられる方法もあれば、薄利多売で儲ける方法もあります。骨董品を買い取って販売する業者においてもビジネスとしては同じになります。買い取ってもらいたい側からすると、いかに業者を選ぶかになるでしょう。その業者が利幅を取る業者なのか、薄利多売の業者なのかは在庫などを見るとわかるときがありますが、それ以外に販売先のパイプを持っているかどうかも重要になります。有名な業者に買い取ってもらうのがいいとされるのは、それだけ多くの販売ルート、パイプを持っているからです。少ない販売ルートしかないと、その中で最も高く買ってくれる人に合わせて買取ることになります。沢山の販売ルートがあると、買いたいと言ってくる人も多くなりやはりその中で高い価格で買いたい人に合わせます。販売ルートが多い方が高い価格で買ってくれる人を探しやすくなり、その分査定が上る可能性があります。