骨董品ぽく作ってますわ

異なる業者で同じ査定がされにくい

ブランド物などはまずは新品の価格があります。そして新品の価格を基準にして中古の価格も決まるのでしょう。通常は新品よりも高くなることはありませんが、生産終了後に人気が出れば高くなるときもあります。一つの業者が価値を決めるのではなく、市場である程度似たような価格で取引されることが多いです。では骨董品の買取をしてもらうときはどうかです。複数の業者を周ると大体同じような金額を出してくれるかです。まず言えるのは業者が異なればすべて異なる金額の提示になるでしょう。そしてブランド物のようにある価格に集中するのではなく、かなり差が生じる可能性があります。業者自身の得意分野の差もあるでしょうが、ブランド物のように明確な基準がない点も挙げられるでしょう。業者がつける価格は販売相手に売れる価格よりも低い価格になります。その業者が誰に売ろうとしているのかで価値が変わります。高く買ってくれる人を顧客に持っている業者なら高く買い取ってくれるかもしれません。

当サイトで骨董品を高く売る方法をご紹介
実はこの売り方がお得です